FC2ブログ

ビジネスモデルを左右する、たった2つの要素とは?

8b78540ca6c3d6d850957f533be1b2dd_s.jpg


ビジネスモデルを左右するたった2つの要素とは?


当方は、ITエンジニアとして会社に勤務する傍ら、中小企業診断士の資格を活かし、経営コンサルティング活動も行っています。今日は、コンサルティングの経験から、大切だと思うことについてお話したいと思います。
 
 
どんな事業であれ、共通して大切なことはビジネスモデルであると言えます。ただビジネスモデルというとやや幅広いイメージがあり、重要なポイントがぼやけてしまいます。よって私はビジネスモデルの要点を2つだけに絞っています。


要素の1つが、事業の「コスト構造」であり、

もう1つが事業の「収益構造」です。


コストと収益の構造はそれぞれ大きく2パターンに分かれます。

続きを読む

スポンサーサイト



あなたは ノマド型?狩猟民族型?農耕民族型? -民族の発展




あなたは ノマド型?狩猟民族型?農耕民族型? -民族の発展


よく攻撃的な人を狩猟民族型と言ったり、温厚な人を農耕民族型と言ったりしますね。
最近では遊牧民的なノマドワーカも相当数にのぼっています。

今回は、こういった民族の文化から、SIerを含む組織全般の「強さ」や「特徴」といったものを俯瞰してみたいと思います。


さて今回の冒頭の問は、次のようなものです。


狩猟採集民族と農耕民族は、民族で比較するとどちらが好戦的な民族なのか?もしくは、どちらの民族が武力的に強い力を持っているのか?



民族の特徴というのは、現代でいえば「組織」の特徴と言えます。
民族はそれぞれの文化を持っています。以前エントリの構造主義でも示されるように、民族が存在した地域性、時代性、周辺の他民族との関係などから、自然に民族の文化や特徴が決まっていきます。

当の民族に属する1個人から見たら、「文化など意識的には作っていない」と思えるでしょう。
しかしマクロ的に俯瞰すると、1人1人の無意識の行動が、大きな文化や特徴を形作っていきます。

これは、皆様が所属する「組織」にも、そのまま当てはまると思います。

意識するとせざるとにかかわらず、組織は特定の文化を持っています。

さて冒頭の問に戻り、あなたが属しているのは戦闘民族かどうか?考えてみましょう。


続きを読む

2014年 中小企業診断士1次試験

記事ジャンル:中小企業診断士



1次試験監督


2014年8月9日~10日の二日間、中小企業診断士1次試験の試験監督をさせて頂きました。

もちろん初めての経験です。
去年までは自分が受験者の立場でしたので、ちょっと不思議な気分です。

注意事項の説明などでは、やはりなぜか緊張するのですね。。
読み上げる直前までは全く緊張などないのですが、読んでいるとやや言葉に詰まったりと、、

受験者の皆さんが真剣に受験に来られているので、こちらも中途半端にするわけにはいきません。
開始~終了の時間管理は問題なくできたと思います。


受験された皆様、大変お疲れさまでした。
自分の受験の時を思い出しました。2日間の長丁場でかなり疲れます。

試験監督をさせて頂いた私も、あれほど長時間立っていることがないので、結構疲れました。。

[Kindle出版]従業員50人未満の受託常駐型ソフトハウスの経営者が会社を成長させるために知っておくべきこと

記事ジャンル:企業経営・営業



中小ソフトハウスの経営者が知っておくべきこと


またKindleで電子書籍を出版しました。中小ソフトハウスのビジネスモデルに関する小冊子です。
ブログでまとめていた記事に大幅に加筆修正しました。


一応、 The principles of executive.  というシリーズものの第一冊、という位置づけで出版しました。

様々な業界の中小企業経営者が押さえておくべき原理原則シリーズの第一弾と思っています。
まずは当方が所属するソフトウェア業をターゲットとしました。今後は様々な業界の原理原則シリーズを出していければと思っています。

この業界の書籍は、割としっかりと分析したものがなく、概要レベルの本か、あとはエンジニアが居酒屋でクダを巻いて業界批判しているようなものが多いため、あまり参考になる類書がありませんでした。

そういう意味で本書は、体系的かつ具体的に根本の原理原則をストレートに記載しているため、かなり参考になるのではないかと思っています(自画自賛・・・)。

経営者のみならず、この業界のエンジニアにもぜひ読んでもらいたいです。


日本語の書籍タイトルは長いですが、原題があります。原題は、

Limit and change

です。限界と変革について特に記載した書籍なので、そのあたりがテーマです。


●書籍はこちらから
従業員50人未満の受託常駐型ソフトハウスの経営者が会社を成長させるために知っておくべきこと


続きを読む

そういえば官報

記事ジャンル:企業経営・営業



そういえば官報に


2014年5月1日の官報に、中小企業診断士に登録された人の名前が公告されたようです。

遅ればせながら見てみると、ちゃんと自分の名前もあったので一安心。

かなり最後のほうだが・・・  それは別に関係ないか。

官報

これで晴れて?診断士と言うことで。


プロフィール

so-tan

Author:so-tan
佐藤 創。仙台のIT業界でシステム開発に従事しながら、情報処理試験プロマネの受験対策を実施(「このブログについて」参照)。情報処理技術者システムアナリスト、プロジェクトマネージャ、中小企業診断士。日々自分のキャリアや様々な問題に悩みつつも、前向きに問題に立ち向かえる自分でありたいと願う。そんな日々の記録です。
Twitter → @sato__so__
FB → facebook.com/creative.1st.pm

人気の連載エントリ
当ブログではテーマに沿った連載エントリがあります。掘り下げた議論がお好きなら以下からどうぞ。
  1. 受託・派遣型の中小ソフトウェア業が抱える課題
  2. 情報サービス産業の今を俯瞰する
  3. 自分の強みを仕事に活かし仕事を楽しむ
  4. 情報システム派生開発プロセスの工夫
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク