FC2ブログ

信頼を得るには -課題志向と人間関係志向-

記事ジャンル:仕事観・動機付け



信頼を得るには


最近、信頼関係をどのように築いていくのか、という方法論について議論しました。

一般的に信頼とは、

「あの人なら望む成果を上げてくれるはず」と他人から期待され、仕事や用事を任されること


と定義してよいでしょう。信頼を得る方法は、大きく2つあります。

1つは他人に仕事や用事を依頼したり・依頼されたりしながら、その仕事ぶりや成果を見て、信頼を得ていく方法です。
「課題を解決する」ことを、相互に通じて信頼を構築する方法なので、課題志向の信頼構築と言えます。

もう1つは、人間関係を密に取ることで信頼を得ていく方法です。
飲みニケーションや雑談、個人的な関係性をベースに信頼を構築する方法なので、人間関係志向の信頼構築と言えます。


この2軸は、リーダーシップの2軸と合致しています。
リーダーシップも、コミュニティーの課題解決のために手腕を振るう「課題志向」のリーダーシップと、個人的な人間関係の構築で手腕を発揮する「人間関係志向」の2つの方法があります。この2軸は対極にあるので、両方とも得意、という人はまれで、どちらかの極に寄っていることがほとんどです。



で、極論かもしれませんが、私の意見は、

本当の信頼関係は、「仕事(用事)を依頼したりされたりしながら、その仕事ぶりや成果を見て構築されていく」しかなく、それ以外では構築は難しい



というものです。

この結論だけ聞くと極端でしょうか?

もしくは意見に賛同されるでしょうか?

さて、以下に理由を述べていきたいと思います。


続きを読む

スポンサーサイト



プロフィール

so-tan

Author:so-tan
佐藤 創。仙台のIT業界でシステム開発に従事しながら、情報処理試験プロマネの受験対策を実施(「このブログについて」参照)。情報処理技術者システムアナリスト、プロジェクトマネージャ、中小企業診断士。日々自分のキャリアや様々な問題に悩みつつも、前向きに問題に立ち向かえる自分でありたいと願う。そんな日々の記録です。
Twitter → @sato__so__
FB → facebook.com/creative.1st.pm

人気の連載エントリ
当ブログではテーマに沿った連載エントリがあります。掘り下げた議論がお好きなら以下からどうぞ。
  1. 受託・派遣型の中小ソフトウェア業が抱える課題
  2. 情報サービス産業の今を俯瞰する
  3. 自分の強みを仕事に活かし仕事を楽しむ
  4. 情報システム派生開発プロセスの工夫
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク